コンテンツに進む
欲しいものリスト カート
0個のアイテム

言語

通貨

ニュース

ボルト、アンペア、ワット、オームとは?電気知識101

Ener nova 24 Nov 2023

よく混同される電気用語: ボルト、アンペア、ワット、オーム。

これらの用語は一体何を意味するのでしょうか?

これらの違いと関連性を理解することで、電気機器がどのように機能し、電化製品の仕様や要件をより理解することができるでしょう。

詳しく見てみましょう。

 アンペアとは?

アンペア(Amp、Amperesの略語)は電流の単位です。

電子が導体を流れる速さを測定し、電流の量を表します。

アンペアは、電流を流す2つの導体間の電磁力の強さを計測することによって求められます。

一般家庭では、アンペアの使用例としてブレーカーがあります。通常、一般家庭の分岐ブレーカーは20Aまでの電流を制御できます。配線の許容電流値が20Aを超えると、分岐ブレーカーがOFFになり、配線が保護されます。

アンペアを数学的に表現する場合、アンペアは電気器具のワット数を電圧で割ったものに等しいです。具体的な計算式は以下の通りです:

アンペア = ワット/ボルト

例えば、ある電化製品のアンペアを計算する際に、そのワット数が3000W、電圧が100Vだと仮定します。この場合、計算式を用いて数値を代入できます:

アンペア = 3000W/100V = 30 A

 

 ボルトとは?

ボルトは電圧(電位差)または起電力を測定する単位です。電圧は、電気または電子回路の2点間の電位差を指し、その単位はボルトで表されます。ボルトは、導体に電流を発生させる電場のポテンシャルエネルギーを測定するために使用されます。

数学的には、電化製品のワットとアンペアが分かっている場合、以下の式を使用してボルトを計算できます:

ボルト = ワット/アンペア。

例えば、ワット数が500Wでアンペア数が2Aの電化製品のボルトを計算する場合、次のように計算できます:

ボルト = 500W/2A = 250V

 日本の一般家庭でコンセントを使う場合は100Vに、工場などの施設では200Vで設定されています。一般的な電化製品は日本国内のコンセントで使われることが想定されているので海外で使うときは注意が必要です。

 外国では120Vや220V設定の国もあります。日本の100Vを基準に作られた電化製品などを海外で使うと、高い電圧に耐えきれずに壊れてしまう場合があるので、海外で日本の電化製品を使うときには、変圧器が必要です。

 

 ワットとは?

ワットは電気の消費量を表す単位であり、電化製品の電源を入れたり稼働させたりするのに必要な電力を示します。ワットは、おそらく最も一般的に知られている電力の単位でしょうね。

ワットアワー(Wh)またはキロワットアワー(kWh)は、一定の時間内に使用される電気の量を表します。電力量は一般的にキロワットアワー(kWh)で表記され、電気料金の請求書などでもよく見られます。

また、電源を入れるのに多くのエネルギーを必要とする電化製品には、ワットを測定するための2つの方法があります。それは、起動時のワットと稼働時のワットです。ENERNOVAのポータブル電源にはETA―Ultraがあり、より高い起動時のワットに対応できます。

ワットを計算するには、次の計算式を使用します:

ワット=アンペア×ボルトワット=アンペア×ボルト

例えば、4アンペアと220ボルトを使用する機器のワットを計算するとします。具体的な数値を式に代入すると:

ワット = 4A x 220V =880W

 

 オームとは?

オームは電気抵抗を測定する単位であり、つまり電子が物体を流れるのに必要な電力を示します。一ボルトで一アンペアの電流が流れるとき、導線が示す抵抗が一オームとなります。これは、配線やデバイスが電気を通す際に生じる抵抗としても知られています。オームの単位はΩ(オメガ)で表されます。

ボルトとアンペアからオームを計算するには、次の公式を使用します:

オーム = ボルト / アンペア

例えば、200ボルトと10アンペアを使用するデバイスのオームを求める場合、これらの数値を式に代入できます:

オーム = 200V/10A = 20Ω

 

 アンペア、ワット、ボルト、オームの関係 

アンペア、ワット、ボルト、オームの関係について、まだ十分に理解ができていないかもしれませんね。オームの法則ホイールがお手伝いします。

 

ホイールから適切な式を使用すると、すでに持っている単位を使用して必要な測定を計算できます。

例えば、あるデバイスが稼働時に4000Wを消費し、100Vが必要な場合、この式を使用して電流(ホイール上ではIで表され、アンペアで測定されます)を求めることができます。

 アンペア=W/Vが、今回使用する計算式です。

上記の例を使うと

アンペア = 4000W/100V

これにより、40Aが得られます。

 これは、標準的な20アンペアのブレーカーでは、この電気機器を動作させるのに十分ではないことを示しています。ただし、40アンペアのブレーカーは適しています。もちろん、1つのブレーカーで複数のプラグ(電気機器を接続するための端子部品)に電力供給することもできます。同時に多くの電化製品を接続すると、ブレーカーが落ちたりヒューズが切れたりする可能性があるためです。

 

電気の量ではなく、代わりに川を考えてみてください。これにより、より理解しやすくなるかもしれません。

川の電圧は、山から海へ水が流れるための高低差として表現される地形です。この高低差は不可欠であり、これがなければ水は静止し、川は存在しません。同様に、電圧がなければ電流も流れません。

そして、川を流れる水の量を測定するのがアンペアや電流の強度です。水の流下速度を時間単位で考えると、アンペアアワー(またはワットアワー)が計算されます。一方、ワット数(または電力)については、電流が流れるエネルギーを表します。電力は地形(高低差)と水流(強さ)の両方に影響を受けるため、これらの測定値が高いほど、川はより多くの電力を持つ可能性があります。

さらに、オームについてです。この用語は、川の中にある岩や、水の流れに抵抗する川の地形のボトルネックを指すこともあります。高低差や水の流れの強さが高いほど、抵抗は低くなる傾向があります。

 よくある質問  

ボルトとワットの違いは何ですか?

ボルトとワットの違いは、ボルトが電位を測定するのに対し、ワットは電力を測定することです。ボルトは回路を通して電子を押し出す電気的な力を測定し、ワットは電化製品の始動と運転に必要なエネルギー量を測定します。

アンペアとワットの違いは?

アンペアは電流を測定し、ワットは消費電力を測定します。アンペアは、任意の時点で回路を流れる電子の数を示し、ワットは、電化製品の電源を入れて作動させるのに必要なエネルギー量を測定します。ワットアワーまたはキロワットアワーは、時間とともに電力消費を測定します。

 

  まとめ  

アンペア、ボルト、ワット、オームの関係を理解することは、電化製品の消費電力を把握し、家庭で必要な電力量を計算するのに役立ちます。

特に、オフグリッドや太陽光の利用を検討している場合は、電気製品の内外を理解することが重要です。これらの知識は、エネルギーの管理や自立を実現する上で役立ちます。

ご自宅で電力の制御を行い、エネルギーの自立を実現したいとお考えですか?

ENERNOVAのポータブルパワーステーションと家庭用発電機のソリューションをぜひご覧ください。

 

 

前の投稿
次の投稿

ご登録ありがとうございます

このメールアドレスは既に登録されています

人気の商品

ソーラー発電機 ETA ULTRA+200W - jpenernova ソーラー発電機 ETA ULTRA+200W - jpenernova
ソーラー発電機 ETA ULTRA+200W
大口注文、おまとめ買い(3台〜)お得な割引サービスございます。 詳しくはメール(order.jp@enernovatech.com)にてお問い合わせください。▪︎ 2160Wh大容量、2500W高出力▪︎ 耐久性と安全性に優れ約6倍長寿命、安全性が一番高いリン酸リチウム電池を採用し、充放電サイクル3000回後も残存量は80%以上を維持します▪︎ 最先端の急速充電技術を採用AC入力1500Wの高速モードで、旅行前など非常時、大容量2160Whでも1,8時間で100%まで充電し▪︎ 同時に最大15台の充電が可能BMS機能を搭載し、さまざまな機器に電力を供給。停電が発生しても、電力の供給を続きます、停電の心配がありません▪︎ 電力を回復する簡易のUPS機能を搭載瞬時にバックアップ電源を供給、パソコン部品の破損、電子データの紛失、停電の心配がありません▪︎ キャスターとスーツケースのような伸縮ハンドルが取付られているため、簡単に持ち運ぶことができます。▪︎ 業界高水準の5年保証ご注文日から5年のサポート(保証)が付いております
¥202,900から
¥292,900
¥202,900から
¥90,000 を節約
ポータブル電源 ETA Ultra - jpenernova ポータブル電源 ETA Ultra - jpenernova
ポータブル電源 ETA Ultra
大口注文、おまとめ買い(3台〜)お得な割引サービスございます。 詳しくはメール(order.jp@enernovatech.com)にてお問い合わせください。▪︎ 2160Wh大容量、2500W高出力▪︎ 耐久性と安全性に優れ約6倍長寿命、安全性が一番高いリン酸リチウム電池を採用し、充放電サイクル3000回後も残存量は80%以上を維持します▪︎ 最先端の急速充電技術を採用AC入力1500Wの高速モードで、旅行前など非常時、大容量2160Whでも1,8時間で100%まで充電し▪︎ 同時に最大15台の充電が可能BMS機能を搭載し、さまざまな機器に電力を供給。停電が発生しても、電力の供給を続きます、停電の心配がありません▪︎ 電力を回復する簡易のUPS機能を搭載瞬時にバックアップ電源を供給、パソコン部品の破損、電子データの紛失、停電の心配がありません▪︎ キャスターとスーツケースのような伸縮ハンドルが取付られているため、簡単に持ち運ぶことができます。▪︎ 業界高水準の5年保証ご注文日から5年のサポート(保証)が付いております
¥166,600
¥238,000
¥166,600
¥71,400 を節約
ソーラー発電機 ETA PRO+200W - jpenernova ソーラー発電機 ETA PRO+200W
クイック追加
閉じる
私に通知する
私に通知する
ソーラー発電機 ETA PRO+200W
▪︎ AC出力1050Wh、1200W(瞬間最大出力1500W)▪︎ 耐久性と安全性に優れ約6倍長寿命、安全性が一番高いリン酸リチウム電池を採用し、充放電サイクル3000回後も残存量は80%以上を維持します▪︎ 最先端の急速充電技術を採用AC入力800Wの高速モードで、旅行前など非常時、大容量1050Whでも90分で100%まで充電し▪︎ 90%以上の家庭用電化製品に対応定格出力1500WのETA Pro は、ご家庭で使用する家電製品の多くを稼働できます▪︎ 電力を回復する簡易のUPS機能を搭載瞬時にバックアップ電源を供給、パソコン部品の破損、電子データの紛失、停電の心配がありません▪︎ 業界高水準の5年保証ご注文日から5年のサポート(保証)が付いております
¥132,900から
¥185,700
¥132,900から
¥52,800 を節約
閉じる
私に通知する
私に通知する
ソーラー発電機 ETA PRO+160W - jpenernova
ソーラー発電機 ETA PRO+160W
▪︎ AC出力1050Wh、1200W(瞬間最大出力1500W)▪︎ 耐久性と安全性に優れ約6倍長寿命、安全性が一番高いリン酸リチウム電池を採用し、充放電サイクル3000回後も残存量は80%以上を維持します▪︎ 最先端の急速充電技術を採用AC入力800Wの高速モードで、旅行前など非常時、大容量1050Whでも90分で100%まで充電し▪︎ 90%以上の家庭用電化製品に対応定格出力1500WのETA Pro は、ご家庭で使用する家電製品の多くを稼働できます▪︎ 電力を回復する簡易のUPS機能を搭載瞬時にバックアップ電源を供給、パソコン部品の破損、電子データの紛失、停電の心配がありません▪︎ 業界高水準の5年保証ご注文日から5年のサポート(保証)が付いております
¥123,800
¥170,700
¥123,800
¥46,900 を節約

オプションの選択

最近見たもの

編集オプション
再入荷のお知らせ
比較 ()
比較
製品 SKU 評価 説明 コレクション 可用性 製品の種類 その他の情報
利用規約
What is Lorem Ipsum? Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book. It has survived not only five centuries, but also the leap into electronic typesetting, remaining essentially unchanged. It was popularised in the 1960s with the release of Letraset sheets containing Lorem Ipsum passages, and more recently with desktop publishing software like Aldus PageMaker including versions of Lorem Ipsum. Why do we use it? It is a long established fact that a reader will be distracted by the readable content of a page when looking at its layout. The point of using Lorem Ipsum is that it has a more-or-less normal distribution of letters, as opposed to using 'Content here, content here', making it look like readable English. Many desktop publishing packages and web page editors now use Lorem Ipsum as their default model text, and a search for 'lorem ipsum' will uncover many web sites still in their infancy. Various versions have evolved over the years, sometimes by accident, sometimes on purpose (injected humour and the like).
this is just a warning
ログイン
ショッピングカート
0 アイテム